世論調査・選挙情勢調査

Research

企業様のマーケティング活動に必要な「お客様」「見込み客」「一般消費者」の声を、様々なチャネルを通して収集いたします。抱えている課題に合わせた調査設計から結果の集計・分析まで行い、次のビジネス戦略につなげます。

世論調査・選挙情勢調査
Research

課題 1
商品やサービスに対する一般消費者からの評価や利用状況を知りたい。
課題 2
いち早く世論の声を集めたい。該当市場の現状を把握したい。
課題 3
お客様はコールセンターで疑問を解決できたのか?

NTTネクシアが解決

世論調査・選挙情勢調査

「すぐに調査したい」「たくさんの調査結果が欲しい」に応えます

地域の特性や進捗管理のリスク等を踏まえ、様々な地域にある複数のコールセンターをクラウドで一元管理することで短期間に大量のデータを収集することができます。
 

RDS/RDDで世論の声を収集

ランダムに電話番号を生成(RDS/RDD)するため、電話帳に掲載されていない番号も調査の対象になります。
 

突発的な世論の動きにも迅速に対応

繁閑差対応や緊急対応ができる当社だからこそ、迅速に調査を進めることができます。

マーケティング調査

お客様の特性や調査のニーズに合わせてチャネルを活用

商品やサービスについてお客様の声を収集するCS調査や、コールセンターの応対についての声を知る応対満足度調査、サービスの利用実績や一般消費者の様々なご意見を収集します。

調査チャネル

 
チャネル 特徴/調査方法
電話調査 短期間で大量の票回収が可能で、精度の高い標本回収です。高品質なコールセンターを持つ当社が得意とする調査方法です。
インターネット調査 対象者にメールを配信し調査します。Web上で回答を収集するのでコストが抑えられ、比較的安価な調査方法となります。(※あらかじめ組織化させたモニター会員への調査が可能)
郵送調査 回収率の大幅向上のため事前に調査協力者を電話で探す「スクリーニング調査」や、質問票を郵送し回答を電話で回収する「留置法」等をご用意しています。また、未回収者へのフォローコールも行うことで回収率を高めます。
IVR調査 お問い合わせいただいたお客様を、対応終了後にIVRに転送し、自動音声応答で調査を行います。既存のセンターに設備を追加することなく手軽に実施可能です。

*その他、インターネット調査やグループインタビュー調査等、ニーズに合わせて最適な調査方法を提案いたします。
NTTネクシアでは企業様の次への戦略につながるリサーチで貢献します。
  • 調査チャネルを使い分けてしっかり調査したい
  • お客様のニーズに応えたい
  • すぐにリサーチしたい
など、調査業務については当社にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
サービスに関するお問い合わせ専用窓口
0120-501010
※平日 9:00~17:30
webからのお問い合わせ