繁閑差に応える

Peak and Low

コールセンターのよくある課題 ”業務の「繁閑の差」” に応えます!!

繁閑差に応える
Peak and Low

課題 1
時間帯によって業務量の変動が大きい
課題 2
曜日よってコール数が変動する
課題 3
キャンペーン期間だけ人員を増やしたい

NTTネクシアが解決

呼量に応じた人員配置

NTTネクシアでは、月別、曜日別、時間帯別の業務量の違いに柔軟に対応できます。

業務量に合わせて、時間帯別のシフトを作成し、時間帯ごとに人員を配置いたします。また、単に人材配置をするだけではなく、スキル研修やモニタリング・コーチング等の応対品質を平準化する対策を実施いたします。

また、企業様のご要望の実施場所で運営が可能です。
  • インハウスセンター(企業様コールセンター)
  • アウトソーシングセンター(当社コールセンター)

キャンペーンへの対応

キャンペーン等で、一時的に業務量が増加する際には、当社内で特設センターを迅速に立上げ、運営することが可能です。

 

恒常的な「あふれ呼」への対策

恒常的に電話が取りきれない曜日や時間帯が発生する「あふれ呼」。
そのような場合、当社のコールセンターにあふれ呼対策用のセンターをご用意します。
 
  • クラウド型のCRMシステムを利用し、企業様のコールセンターと同じ環境を構築
  • 均一的な研修プログラムでオペレーターの育成を行い、高品質なオペレーションを提供
NTTネクシアでは豊富な実績で企業様の繁閑差に応えます。
  • 呼量に応じた人員配置
  • キャンペーンへの対応
  • 恒常的な「あふれ呼」への対策
など、コンタクトセンターの繁閑差にお悩みの際は当社にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
サービスに関するお問い合わせ専用窓口
0120-501010
※平日 9:00~17:30
webからのお問い合わせ